appleはいつから”Think Different”な会社ではなくなったのか

slooProImg_260914012707.jpg
iPhone6とiPhone6Plusが発表されましたね。
5Sにくらべて大っきいのともっと大っきいの。
どっちを買おうかと色々悩んだ挙句、なんかもやもやしてきたので、思いのままつらつらと書いてみたいと思います。

今回はiPhone6とiPhone6Plusという2種類のiPhoneが発売されます。
それぞれの解像度は、1,334 x 750ピクセルと1,920 x 1,080ピクセルです。
iPhone5Sが1,136 x 640ピクセルなので、ずいぶんと中途半端な印象を受けます。
iPhone3GSからiPhone4でRetinaディスプレイ化した時の320×480ピクセルから640×960ピクセルというちょうど2倍の解像度になったときからすると、なんだかなぁと。
技術革新で引き延ばしてもキレイに表示できるようになったというのであれば、そりゃそうなんでしょうが、どんな理由であれ妥協したように感じられてしまいます。

画面サイズが2種類というのも気に入りません。
昔は、iPhoneのアプリというのは如何に美しく、操作性の高いアプリを作るかというのが評価基準だったと思っています。
iPhoneの画面サイズに合った、製作者が考える完璧なUIを楽しみに待っていたものです。
でも、それは画面サイズが一つだったからできたことだと思うんですよね。
Androidを見ていると、やはりUIが画面サイズによって使いづらかったり妥協されていたりしていると感じます。
iPhone5の時に画面サイズが縦に伸びたじゃねーかという意見もあるかと思いますが、そのあたりはUIを下に集めるとかの工夫でなんとか吸収できていたのではないでしょうか。
しかし、今回は現行だけで3種類ですよ。iPhone5と5S、iPhone6、iPhone6Plus。
iOS8対応で考えると、iPhone4Sもです。
これだけの画面サイズで最適なUIを考えるのって正直もう無理じゃないっすか?
iPhone4Sで使いやすいUIは、iPhone6Plusの大画面で使いやすいとは思えないです。
最新機種のiPhone6とiPhone6Plusだけ考えても、両方に共通して使いやすいUIは無理そう。

なんか、昔のapple(といっても、長い歴史の中でごく短い時間ですが)は、大衆のための機器を作ってはいましたが、それは、appleが考える大衆にとって最高に使いやすい機器であって、appleの考えに賛同できる人にとっては最高の機器でした。
ワンボタンマウスとか、iPodのクリックホイールとか、iPhoneのカスタマイズ製のないホーム画面とか。
「これが俺らの考える唯一無二の最高だぜ。嫌なら使わなくて結構。」みたいな、プライドを感じられたじゃないですか。
それが今は、彼らの最高ではなく、万人に広く受入れられるものを作っているように感じられます。
まぁ、appleがすでに海賊ではなくビッグブラザーになったマイノリティではなくマジョリティになったということなのでしょうか。
それが悪いわけではないんですけどね。
それだけ広く世間に広まったということで、関連して周りのビジネスチャンスも広がっているわけですから。
ただまぁ、昔iMacに憧れを持っていた身としては、ちょっと寂しい感じはしますよね。
Think Differentって、めちゃめちゃかっこよかったなぁ、と。
今ではThink Differentっていうなら、Windows Phone使えとか、Tizen Phone使えとか、Firefox Phoneだろ、とかなっちゃいますよねぇ。。。

とまぁ、色々考えた挙句、iPhone6 64GB シルバーを予約したんですけどね。9/12 16:03に。
apple watchについては、まぁ、時間もあることだしゆっくり考えますよ。
でも、あんなに小さなアイコンを指で選択するのって、軽くストレス溜まりそうです。
昔Jobsが7インチタブレットについて言っていたように、「指を1/4サイズに削れるように」紙やすりが必要そうですよね。


Similar Posts: