iPhoneの壁紙画像をロック画面とホーム画面で同じものにするか異なるものにするかによって、ロック解除時のアニメーションが違う。

だいぶ前に発見したことだけど、そういえばブログにまだ書いていないということに気づいたので、今更ながら書いてみる。
iPhoneの壁紙を設定する時に、スクショのように
1.ロック中の画面に設定
2.ホーム画面に設定
3.両方に設定
という3パターンから選択することができる。
20130513234639

ここで 1.2.で個別に壁紙を設定した場合と、3.で両方を同じ壁紙に設定した場合とでは、ロック解除時のアニメーションに差があることをご存知だろうか。

言葉で説明するよりも実際に見てもらった方が早いということで、動画を撮ってみたので見ていただこう。

1.2.で個別に壁紙を設定した場合

3.で両方同じ壁紙に設定した場合

個別に設定した場合は一瞬画面が黒くなってから、ホーム画面が表示されアイコンが集まってくるが、両方に設定した場合は画面が黒くなることなくスムーズにホーム画面へと移行する。
さりげないところで誰も気にしないかもしれないが、この些細なアニメーションのおかげでぼくはロック画面とホームを同じ壁紙にしている。

ちなみに、動画を撮影するのに使ったmacアプリはこちら
Reflector.app – AirPlay mirroring to your Mac or PC, wirelessly.

Posted from するぷろ for iPhone.


Similar Posts: