元ケース付けない派のiPhone 6s Plusケースレビュー

iPhone6を割ってiPhone 6s Plusに変えてから、それまで3Gの時代から貫き通していたケース付けない派を脱退してケース付ける派になった人間による最初の(もしかしたら最後の)ケースレビューです。

私がケースを選んだ基準は以下のとおり。

  1. どうせケースを付けるなら、付けていることが分かるものがいい
  2. 保護するだけではなく、プラスアルファの機能があるといい
  3. 落としにくいものがいい
  4. 見た目が自分の好みなのがいい

結果的に選んだケースは、こちらです。
IMG_1958

このケースのいいところは、上の基準に当てはめると以下のとおり。

  1. PUレザーを使ったハードケースで、背面にあるストラップによってケースとしての存在感はバッチリ。
  2. 誤読取りを防止するシート内臓のICカードを入れることのできるスロットが2つついています。交通系ICカードを入れてみたところ、何気に便利を実感しています。
  3. 落下防止のために指を入れることのできるストラップが付いています。中に指を通さなくても、ストラップがちょうどいい引っかかりになって、それだけでも落としにくさが増します。
  4. PUレザーですが、見た目のチープさはなく、良いと思います。ここは、人によるかと思いますけど。(どうせ革っぽいのなら本革じゃないと嫌とか)

今の所思いつく難点は、ストラップのせいで机に置いた時にフラットにならないことですね。置いたまま操作すると当たり前ですがぐらつきます。慣れればどうってことないですし、ケース付けないと元々カメラのでっぱりでフラットではないですしね。
使ってみて1週間ほど経ちますが、使いやすいし結構満足しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です