AND MESH iPhone 6s plus ケース新旧比較

iPhone 6s plusを購入してすぐ、とりあえず保護する目的で購入したのがAND MESHのエラストラマー製のiPhoneケースです。
当時(2015年10月後半)、iPhone 6 plusと6s plusでは若干サイズが異なるものの、6s plusにも対応しているということで販売されていたものです。(公式サイトでもそのように謳っていたましたし、対応シールも貼ってありました)
ところが、いざ付けてみると若干ずれてる。。。さらに、ネットで検索してみるとある一つのオンラインショップでは6s plusには対応していないと記載がありました。とりあえず確認のためにAND MESHへ問い合わせしてみたところ、やはり6s plusではズレが発生することが確認できていること、6s plus対応品が完成したら自宅まで送付してもらえることが確認できました。

ちょっと前に6s plus対応品が届いていたにもかかわらず、他のケースをすでに使用していたため放置してしまっておりましたが、この度改めて新旧でどこが変わったのか比較してみました。


左が旧で、右が新です。ほぼ見分けがつきませんが、棚に吊り下げるための取っ手が異なることがわかります。


左が旧で、右が新です。ほぼ一緒ですが、若干のデザインの違いがありますね。
  
こちらが実際のケースで、左が旧で、右が新です。ほぼ変わらないように見えて、実は少しデザインが変わっています。6s plusに対応しただけではないのです。


まずはコネクタ側。下が旧、上が新。旧のものはイヤホンジャックの横のマイクの穴が、イヤホンジャック用の穴とは別に空いていますが、新のほうは穴が一体化しています。


そしてカメラ部。左が旧で、右が新。新しい方は、appleのケース作成ガイドラインに沿っての修正でしょうか。

他にも違いがあるかもしれませんが、ぱっと見気づいたところは以上です。
なお、新しい方のケースを6s plusに着けてみたところ、さすがの精度で気づいたズレは一切ありませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です