apple純正シリコンケースはappleが魔法をかけたケース


appleはシリコンに魔法をかけた。


ぼくはかつてシリコンケースは嫌いでした。
iPod 60GBを買った時、背面のピカピカにキズをつけたくなくてシリコンケースを買ったことがあります。
その時に、シリコンはベタベタする上にホコリがつきまくるという事実に気づき、それ以来ずっとシリコンケースは避けてきました。

ぼくはかつてapple純正バンパーも嫌いでした。
iPhone4を買った時に、appleが純正ケースを出したということで買ったことがあります。
悪くはなかったのですが、ゴムとかプラスチックの感じがイマイチで、持ちやすいかといったらそんなこともなく、appleといえどもケースについてはあまり良くないと感じ、それ以来なんとなく避けてきました。

iPhone6の画面を割ってしまい6s plusにしてからは裸族からケース派に鞍替えしたものの、ケースはapple製以外を検討して選んできました。

ところが、iPhone 6以降のapple純正ケースの評判がよいこともあり、やはり一度は使ってみないといけないと思い直し買ってみたところ、ぼくの中でiPhoneケースの品質に対するハードルが一気に上がりました。

シリコンなのにフニャフニャしておらず、ベタベタもしていない。むしろ硬く、どちらかというとサラサラした触り心地で触っていて気持ちがいい。むしろ裸よりも持ちやすいし気持ちいい。
本当にシリコンなんですかね?
ホコリは全くつかないわけではないけれど、気になるほどではなく、簡単に落ちる。

これからのケース選びの基準はこのケースと比較してどうかということになるかと思います。

もしまだ使ったことのない人がいるのであれば、是非一度は使ってみることをオススメしたいです。それくらい気に入ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です