TinyEverはぼくにとってのキラーアプリかもしれない

TinyEver 01.00App
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.1 以降が必要
カテゴリ: 仕事効率化 価格: ¥115
リリース:2010/10/17

evernoteへ投稿するアプリはFastEverがお気に入りですが、またまたevernote投稿専用のアプリを買ってしまいました。
その名はTinyEver。
軽く試してみましたが、これはかなりいいかも。
先行のFastEverやQuickEverに比べていいなと思った点が三つあります。

1.テンプレートが利用できる。
TinyEverでは、4つまでテンプレートを保存して利用することができます。
photo

ぼくは、食べたラーメンをEvernoteへ保存していますので、そのテンプレートを作成してみました。
photo

2.画像付きで投稿できる。
デフォルトでは本文の最後に挿入されますが、パラメータ文字を指定することにより、好きな場所に画像を挿入することができます。
“@01@”(1枚目) “@02@”(2枚目) “@03@”(3枚目)という文字を入れるだけです。

写真は3枚までしか登録できませんが、iPhoneから投稿するのには十分な枚数だと思います。

さらに、自動で画像をリサイズしてくれます。しかも、自分で短い方の辺幅を「160,240,320,640,指定なし」指定できます。
これにより、無駄に大きいファイルサイズで送信する必要がなくなります。

Evernoteへ写真を投稿するアプリでは、FastEver Snapが有名ですしぼくも愛用しています。
FastEver Snapはアプリ内で撮影してすぐに投稿できるため、とにかく写真だけすばやく投稿したい場合に利用し、
TinyEverを利用するときは、写真になにか説明を加えておきたい場合に利用するといった使い分けができそうです。

3.パラメータ文字で日時を自由に配置できる。
日付や時刻といったものを、パラメータ文字で自由に挿入できます。
メモでは、書いた日の日付、時間などを一緒に記入しておきたいものです。
FastEverやQuickEverでは、ボタン一押しでその時の日時を挿入することができますが、TinyEverではそれを自由に配置できます。

では、先ほど保存したラーメン投稿用テンプレートを利用して、以下のとおり投稿してみます。
photo

Evernoteアプリで開くと、こんな感じになります。
photo

Titleが空欄の場合、自動的に投稿日時が入るようですね。

ちょっと試してみた結果、思いついたアイデアとか、本当に急いでメモを取りたいときは今までどおりFastEverで行きたいと思います。
TinyEverの場合、書き始めるまでワンタップ余分に必要(アプリを起動後、記入欄をタップしないとキーボードが出てこない)になるため、その時間すら惜しい場合もありますからね。

一方、日記とかグルメメモとかで、考えながら書けるときはTinyEverがテンプレートを使ってフォーマットを統一できるので便利だと思います。
Evernote addictな方には、オススメできるアプリです。
ぼくはすごく気に入りました。

あとは、アイコンだけなんとかしてくれないかなー。
”アイコンは、デザインの都合上、Evernote公式アプリの左隣に配置していただけると幸いです。”って、配置場所を指定されるのはちょっと。。。
でも、見ているうちに象さんのお尻も可愛いかもなんて思えてきた…(;´∀`)


Similar Posts: