RSSリーダーをBylineからReederに無理やり乗り換えてみた

iPhoneでRSSを読むアプリと言ったら、一番人気はおそらくReederでしょう。
表示の美しさ、動作の安定度、同期の速さ、どれも非常に高いレベルで、評判も高ければ利用者も多いです。

でも、ぼくはひたすらBylineを利用し続けていました。
その理由は、RSSを消化する運用がBylineに最適化されていたから。
前にもReederを利用したことはありますが、やはりその時は運用がネックになってすぐにBylineに戻りました。

ぼくの通勤経路では、一部地下鉄に乗るところがあります。
当然圏外になりますので、そこでの運用をどうするかが鍵になります。
正直、これさえなければ基本機能が揃っていればどのアプリでも大丈夫だったはず…

Bylineを利用していたときの運用は以下のとおり

  • フォルダ分けしたRSSを、消化したいフォルダから順に読んでいく
  • この際、一部配信のRSSはByline特有の機能であるInstapaper Mobilizer形式でキャッシュされたものを読む。(圏外・圏内問わず)
  • 複数ページにまたがる記事は、Instapaperへ保存する(Bylineは圏外でも保存する操作ができ、圏内になると送信してくれる)
  • 長い記事で、あとでゆっくり読みたい記事は、Instapaperへ保存する

この運用をそのままReederで行おうとすると、以下の問題がありました。

  • 圏外の場合、一部配信の記事が読めない
  • 圏外の場合、Instapaperへ保存できない。
  • 圏内の場合でも、一部配信の記事を読むためには読み込みが発生し、時間がかかる(ただし、Readability形式であればほぼ満足できるスピードで開ける)

こういった理由で、Reederの表示の美しさには惹かれつつもBylineを利用し続けて、満足もしていました。

ただ、Bylineはなぜか同期したてで未読なのに既読となってしまう記事があったりして、記事を読み損ねることが何回もありました。
中にはどうしても常に読みたいブログとかもあったりして、それが抜けると結構悲しかったりします。
また、Bylineではリンクを必ず元記事で開くんです。
モバイライザ‐表示で開けないので、キャッシュしてくれていない記事を読む場合は常に元記事を開いてしまうので、読み込みに時間がかかります。

そんなこんなで、再度Reederを使ってみようと思い立ち、今回はReederで快適RSS消化を目指して運用も変えてみました。

  • フォルダ分けしたRSSを、消化したいフォルダから順に読んでいく(ここは変わらず)
  • 一部配信のRSSは、圏内の時はReadability形式にして読む。圏外の時は一時☆をつける
  • 複数ページにまたがる記事や、PCで見たい記事などはInstapaperへ保存する(圏内の時)
  • 長い記事で、あとでゆっくり読みたい記事は、☆をつける。
  • 圏外でInstapaperへ保存できないときは、一時☆をつけて、適当なときにInstapaperへ送る。もしくはPCで確認しちゃう

結果として、以前よりも快適になったことに気が付きました。
Bylineのときはあとで読みたい記事はなんでもかんでもInstapaperへ送っていましたが、Reederでは☆を使います。
Reederでは☆を読むときにもフォルダ構造をもったままでいてくれるのですが、これがよかった。


Photo by gakuhead

ぼくは、読むフォルダの優先順位を決めていて、いつもその順番でフィードを消化しています。
未読記事はそれでよかったんですけど、「あとで読む」とした記事は、Instapaperへ送ったら送った順で並んでしまいます。
Reederの☆ならフォルダ構造をもったままなので、優先順位をつけながら☆フィードを消化できます。
これで、「あとで読む」記事もどうしても読みたいもの、別に読まなくてもいいものがだいたい分けられるので非常に便利です。

あと、やっぱり表示の美しさはすばらしいです。 特にReadability形式。 Instapaper形式よりも圧倒的に読みやすいし美しい。 もちろん、サイトによってはうまく表示できないものもありますが、それはどのモバイライザー形式も一緒ですからね。 ダメなら元サイトを見に行けばいいということで。


Photo by gakuhead

↑これが、↓こうなります。


Photo by gakuhead

Byline 3.2.7App
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.1.3 以降が必要
カテゴリ: ニュース 価格: ¥600
更新: 2011/02/11

Reeder 2.3App
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要
カテゴリ: ニュース 価格: ¥350
更新: 2011/01/11


Similar Posts: