gakuスタイルver2.0

前回適当に公開したgakushi的iPhone情報収集術であるところのgakuスタイルver1.0ですが、考え始めたら色々と試行錯誤するのが楽しくなってきました。

だいぶ固まったきましたのでver2.0として公開します。

前回と同様に、図から見ていただきましょう。
前回よりはかなりがんばっています。

一番大きな特徴としては、ほぼ全ての情報を一旦Instapaperに集めていることでしょう。
このあたりは、RyoAnnaさんと似ています。
やはりiPhone 3Gということで、極力テキストのみでさくさく閲覧したいと考えると、Instapaper(もしくはRead It Lator)を利用するのが現時点ではベストな選択だと思います。

それでは、個別にわけて説明していきます。

①RSS
お気に入りのWEBサイトやブログをGoogle Readerに登録しています。
全文配信と一部配信のフィードがありますが、まったく気にせずちょっとでも気になった記事であれば全てInstapaperへ送ります。
全文配信のフィードの場合は、内容を読んだ上で他の人と共有したいと思ったら、Twitterへ投稿しています。
アプリに関してはBylineが大のお気に入りでしたが、他アプリとの連携機能が皆無なので、上記運用をし始めてかRSS Flash gへメインアプリを変更しています。

②Twitter
人とコミュニケーションを楽しむメインアカウント(@gakushi)と、ニュース収集専門のサブアカウント(@gakuhead)の二つのアカウントを利用しています。

メインアカウントでもサブアカウントでも、気になるリンク付のつぶやきがあればガンガンInstapaperへ送っています。
アプリはLator至上主義でしたが、日本語対応してかっこわるくなったことと、Instapaperへ送る動作の気持ちよさからTweetie2へ変更しています。ただ、Tweetie2はTLの漏れが激しいのでLatorもサブとして利用しています。

③AppBank
AppBankアプリから閲覧しています。
ここでは、基本の閲覧はアプリ内で完結し、Evernoteへスクラップしたい記事のみInstapaperへ送っています。

④Safari、はてブ
時間があれば眺めるように見て、気に入ったものはInstapaperへ送ります。
SafariはBookmarkletでInstapaperへ、はてブはPocketでInstapaperへ送ります。

⑤メモ
外出中に、自分で思いついたアイディアやちょっとしたことなどは、OneNoteというアプリを利用してGoogle Docsへ送っています。
OneNoteは、一ページしか書けません。常に上書きです。そのかわり、起動スピードは速いです。
運用としては、とにかくGoogle Docsへ書き溜めて、そこからいい案が生まれたらEvernoteへ送ることにします。

⑥手書メモ
iPhoneでのメモもする時間がないとき、iPhoneが書けない状況のときなどは紙に手書でメモをとります。
保存しておく必要があるものは、JotNotで写真をとりEvernoteへ送ります。

⑦Instapaperでの運用
2つのフォルダを用意しています。
玉石混合で入ってきた記事をとにかく読んで、以下のフォルダへ入れるか削除するか判断していきます。
・send to Evernote – Evernoteへ保存した記事を一時的に保管しています。実際にEvernoteへ移す作業はPCで行ないます。
・Read again – 画像や音声がメインのもので、PCで確認したいものを保管します。PCで確認後、Evernoteへ送るかどうかの判断をします。

※Instapaperアプリでは記事の削除ができないため、削除したい場合は一旦archiveへ移しPCで削除します。

とりあえず、現状はこんなところです。
もっとこうした方がいい、その使い方はどうなのよ、その他叱咤激励などなどがありましたらコメント欄でも僕のTwitterへでもご連絡をお願いします。

– Posted using BlogPress from my iPhone

gakuスタイル1.0(;^ω^)

何を血迷ったか、hiroさんやryoannaさんに触発されて現在の僕の運用スタイルを公開しますw
読んだあなたも、公開した僕もきっと後悔しますw

僕の現在(2009年10月26日)の環境は次のとおりです。
・iPhone3G
・通勤30分(内半分が地下鉄)
・家ではPCを利用

まずは、図を見ていただくきましょう。
単純すぎて、これだけで一目瞭然w

iPhone3Gということもあり、重いWebページだと頻繁に落ちたり固まったりして効率的に読めないということがあります。
そのため、RSSはテキストだけ同期してとりあえず読みたいか読みたくないかを判断して、読みたければStarをつけます。
ここで使用しているアプリは、Bylineです。理由は、安定性が一番よかったから。僕のような使い方の場合、RSSアプリでは各種連携は必要ないので、
問題は安定性のみです。同期もテキストだけなので、速いです。

Twitterやはてブで見つけた記事に関しても、RSS Feedと同様に重いページを見るのがつらいので、一旦Instapaperへ移しています。
ちなみにTwitterアプリはTwitterlator Pro、はてブはポケットを利用しています。

StarをつけたRSS Feedと、Instapaperへ移した記事は、iPhoneではなく家のPCで見ています。
外出時に時間があればiPhoneでも見ますが、読むスピードはPCで読む方が圧倒的に速いです。
最終的に、Star/Instapaper共に、気に入った記事はEvernoteへ集約しています。(Firefoxのアドオンを利用しています。)

本音を言いますと、iPhoneだけで完結する運用スタイルを構築したいのですが、現在はひとまずこれで満足しています。

– Posted using BlogPress from my iPhone

Windows7を入れてみました

世間は新型MacBookだのiMacだので盛り上がっていましたが、僕はひっそりとメインのVista機をWindows7へアップグレードさせてました。

今回は、Vista32bitからWindows7 64bitへクリーンインストールしました。
実は、OSを入れ替えるのは今回が始めての体験です。
色々とつまずいたので、その辺を中心に書きたいと思います。
(写真を撮る余裕もなくて、今回は文字オンリーです…)

①バックアップをとる。
今回はクリーンインストールなので、音楽ファイルや写真など、主にMyDocumentの中に入っているファイルのバックアップを行ないました。

これだけで100Gbyteくらいあり、バックアップ完了までに2時間ほどかかりました。。。
幸いなことに、容量の大きい動画などは別HDDに保存していたので、これくらいで済んでよかったというべきか。。。
※どうやらアップグレード版の場合、クリーンインストールするとWindows.oldというフォルダに以前のフォルダやファイルが保存されるようですが、念のためにバックアップはとっておいたほうがいいと思います。

②OSをインストールする
ここが最難関でした(^_^;
今回は64bit版のインストールなので、64bit版のインストールディスクを入れてみたのですが、全然動いてくれないんです。。。
そんなの当たり前と言われてしまう可能性が大だとは思いますがw
はい、調べてみて分かりましたがインストールディスクからブートしなければいけないんですね�。
どうやってブートすればいいのか分からず、グーグル先生で調べること1時間ほど。。。
最終的に、パソコン付属のマニュアルに記載がありました。。。orz
ちゃんとマニュアルも読まなきゃだめですね。

③バックアップから復旧。
100Gbyteのファイルをがっつりと戻しました。当然また2時間ほどかかりました。
そしてiTunesやFirefox、Thunderbirdなど必要なソフトを再インストールし、必要な設定をして復旧完了。

【感想】
慣れていないせいもありますが、2日かかりようやく普通に使える環境に戻りました。
正直、64bitにせずに素直に32bitのまま普通にアップグレードしたほうが楽だったんではなかろうかと。
どうせ4~5年後には買い換えるし、その時に64bitしかなければ自動的に64bit機になっていただろうしなぁ、なんて。

– Posted using BlogPress from my iPhone

[JB]Orbitはすごい

JBアプリOrbitを入れてみました。
速攻でドック入り決定。これは標準で採用して欲しいです。

どんなアプリかというと、スクリーンショットを見ていただくのが一番早いかと。

ドック一番左がOrbitです。こいつを起動してあげると、下のようになります。

ホーム画面が一覧表示されて、ここから好きなページへ飛ぶことができます。

非常に便利です。
導入はCydiaからどうぞ。

– Posted using BlogPress from my iPhone