RSS Flash gのVer2.1が来た!今度はInstapaper’s Mobilizer対応!

RSS Flash g(iTunesが開きます)の新しいバージョンが来たようです。
今回のバージョンでは、モバイル表示にInstapaper’s Mobilizerを選択することができます。
RSSを最速で読み進めたい人に、是非とも試していただきたいです。

いままでは、モバイルに最適化された表示にはGoogle Mobile Proxyを利用していましたが、今回からInstapaperのMobilizerを利用するよう選択できます。
Tweetie2のMobilizerカスタム設定で、Instapaper’s Mobilizerを利用する。 “というエントリーでも書きましたが、Instapaper表示だと読込みも速く、サクサク読み進めることができます。
特に、iPhone最適化がされていないサイトで威力を発揮します。

では、設定方法を見ていきましょう。
右下にあるのが設定ボタンです。タップして設定画面に入ります。



表示>モバイライザーでInstapaperを選択します。


実際にモバイル表示するには、2つの方法があります。
方法① 設定>アクションメニュー>モバイライザーをオンにして、アイテム画面でアクションメニューから「モバイライザーで開く」を選択します。
方法② 設定>表示>アイテム画面内に操作アイコンを表示するをオンにして、アイテム画面内の携帯電話マークをタップします。


Instapaper自体、まだ発展途上で見ることのできないサイトも存在しています。
そのような場合でも、右上の矢印をタップすれば通常表示で見ることもできるので、状況に応じて通常表示とモバイル表示を使い分けることができます(アイテム画面内に操作アイコンを表示するをオンにしている場合、操作アイコンの右矢印でもOK)。
また、Instapaper表示の時に右上のView originalをタップすればいつでも通常表示できるので便利です。

無印良品のノートカバーがなかなかいい感じ

僕は会社でB5サイズのノートをメモとして使っているのですが、見た目を変えたいのでノートカバーでもどうかと思っていた時にネットで発見した一品です。

ジーンズのラベルと同じ素材で作られたノートカバーです。
これ、実は「紙」らしいです。
でも、ジーンズのラベルが洗濯可能なように、水に強く丈夫な素材のようです。
値段も安くB5サイズで420円だったので、すぐ破れてもいいかと思って購入しましたが、これはなかなか破れそうにありません。
触った感じや見た目もなかなか洒落ており、かなり満足な買い物です。

gakuhead印のアプリ第2弾が登場

先日、当ブログの閲覧用iPhoneアプリ「gakuhead」がMotherAppさんからリリースされましたが、今度は以前「iPhoneアプリを作ってみたw」で告知していたAppliyaさんの「iPhone App Builder」で作成したアプリが、とうとうリリースされたようで、自分でも購入してみました。

gakuhead puzzle 230円(2010年1月25日現在)

今回はスライドパズルゲームです。
僕が描いた絵が全部で9種類入っており、スライドパズルを楽しむことができます(誰得w)

使われている絵は脇に置いておくとして、パズルとしてはなかなかよくできています。

パズルで遊びたい絵をスライドして選び、ピースの数を選び、左下の「Start!!」ボタンを押すと開始です。

無事クリアすると、完成した絵が表示され、ご丁寧に保存方法まで表示してくれます。

しかし、5×5は難しいなんてレベルではないですね。
俗に言う無理ゲーのレベルw
まぁ、使用した絵が悪いのですが、同一の単色のパネルがいくつもあるしwww

ちなみに、最初の画面で「Info」を押すと、[CREATOR]:アプリ製作依頼者や[PHOTOS]:画像の作者(Flickrのアカウント)などを見ることができます。それぞれタップすると、Safariが開きます。


(PHOTOSの作者名をタップすると、Flickrにある元画像を見ることができてしまうのは、内緒だ!www)

お値段230円と、iPhoneアプリとしては中身の割に高価なので、購入の際は覚悟の上お願いします。

@ma2marsさんが、僕自身が気付く前にこのアプリを見つけて、レビューまで書いてくれました!

Twitterアイコンからパズルが出た!@gakushi のgakuhead puzzle ゲーム 鈍がめ 備忘録

※「iPhoneアプリを作ってみたw」のコメント欄で、プロモーションコードがもらえるらしいと書きましたが、その後の変更でどうやらもらえなくなった模様。元々プロモーションコード自体、米国アカウントでしか使えないので、仕方ないっちゃ仕方ないですね。

– Posted using BlogPress from my iPhone

絶妙な掻き心地のまごの手を購入しました。

Find the meaning of my life.さんの”愛着品紹介010-「痒いのは指一本分だ!」〜八重桜の銘木、孫の指〜”という記事で発見したまごの手を購入したので、ご紹介。

Find the meaning of my life.さんの記事で、

しかし、在庫数に限りがあり、且つ、完 全ハンドメイドですし作れる銘木も数に限りがあることから、絶対に大量生産できないものなので、あまりおおっぴらにリンクを張るのはどうかと思うので、欲 しい!と思った方がいらっしゃったらTwitterの@kazumotoをフォローしていただいて、DMかメッ セージを送ってください。URLをご連絡いたします!

ということでしたので、素直に@kazumotoさんに教えていただこうとも思っていたのですが、人に聞く前に検索してみるのが習慣になっているため、グーグルさんでググッてみたところ発見しました。

じゃーん!
こちらのまごの手、僕が購入した通販サイトの説明によると、

銘木とは数年~十数年もねかせた良質の木材。職人が茶道具や丸盆などを作った時の銘木の端材で、遊び心いっぱいのまごの手を作りました。

ということで、なかなか趣きのある逸品です。

けやき、さくら、くりの3種類があるようですが、僕は八重桜の材を利用しているというさくらを選びました。

まごの手といえば、手のように先端が何本かに分かれていますが、これは分かれていません。
しかし、掻いた時の気持ちよさといったら、かなりなものです。

これは、久しぶりの大ヒットな買い物でした。

慶應SFCの学習パターン(Learning Patterns)のサイトが興味深い

慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス 学習パターンプロジェクトによるサイトがなかなか面白かったので、ご紹介。

学習パターン(Learning Patterns)

このサイトでは、40個の学習パターンが集められています。
学習パターンとは、サイトから引用すると次の意味だそうです。

”学習パターンとは、よりよい学びを実現するためのコツを抽出・記述したものです。各パターンには、学びにおいて問題になりがちな状況と、それをうまく解消してくれるようなコツがまとめられています。”

これがなかなかうまくできています。
学習パターンには、それぞれにかわいいイラストとともに、パターンの説明が記載されており、読み物としても面白いですが、その見せ方も凝っていて美しいです。

また、自分の状況に合ったパターンを選んで読むことができる工夫もされていて、折に触れて読もうという気にさせてくれる構成になっていると思います。

元々SFCの学生に配布するためのものとのことで、SFC生に特化した内容のものもありますが、ほとんどが一般的に使えます。

うまく説明できていませんが、学びに興味がある方は是非一度見てみてください。

– Posted using BlogPress from my iPhone