喫煙ガジェッターにお勧めのライターを買ってみた。

全国のタバコとガジェットを愛する皆さん、おはこんばんちは。
愛煙家のがくしです。
世間はiPhone5s/5cの話題で持ちきりですが、空気を読まず喫煙用具の話です。

たばこ暦〇年の間、たばこと共になくてはならない着火装置を常に持ち歩いていました。
ZIPPOだったり、ターボライターだったり、100円ライターだったり、マッチだったり。
しかし、いずれも風に弱かったり、突然ガス・オイル切れになったり、オイルが漏れて足がかぶれたりといった不満があるわけです。

これらの弱点を解消してくれるものはないかなーとAMAZONさんをウィンドウショッピングしていたら、発見してしまいました。
風に強く、オイルが漏れることもなく、燃料切れになりにくい(ならないとまではいかなかった)、いいものです。

そいつは、これです。

20130918225631
20130918225631 Photo by gakuhead

なんとこの子ったらUSBで充電できるんですよ。
ガジェッターっていったらUSB充電器の一つや二つは当たり前に持っているものですから、
外出先で万が一電池が切れたとしても、手持ちのUSB充電器で充電してしまえば問題ないってもんですね。
ちなみに、充電しながらでも問題なく利用できました。
穴はMini-USBです。

20130918225658
20130918225658 Photo by gakuhead

使い方も簡単。
黒いボタンを下に下げてやると、パカっと蓋が開きます。

20130918225708
20130918225708 Photo by gakuhead

ボタンを押している間、穴の中の線が発熱して真っ赤になります。
ここにたばこの先端を押し付けながら限りなく近づけて吸えばたばこに着火します。

20130918225716
20130918225716 Photo by gakuhead

イメージとしては昔の車に必ずついていたライターですね。
あのガチャって押し込んで熱くなりきったらガチャって出てきて真っ赤になったグルグルした鉄にたばこの先端をくっつけながらスパスパしたら火がつくやつ。
(知っている人には確実にこれで通じるはず)
最近あのライターがあった穴ってほぼ給電用になってますもんねぇ。時代ですな。

しかし、このライターは今日で一週間目ですが、マジで買ってよかったっす。
重さもなんと27gでメチャメチャ軽量です。
値段も手ごろ(1000円前後)なので、いい買い物をしました。

他のライターと比べて欠点といえば、灯にならない、花火を着火できない、誕生日ケーキのろうそくに火が灯せないってくらいですかね。


Similar Posts: