ソーシャルな繋がりって不思議

今日、中学高校の友達と飲んで、mixiとかFacebookとかTwitterとかでフォローしました。

これで、たぶん繋がりがなくなることはないんだろうな、って思いま

住所や電話番号、メールアドレスは変わっても、ソーシャル系のアドレスが変わることって、あまりないはずですよね?

ソーシャルサービスで繋がると、それだけで相手の近況がわかります。

相手は別に自分に対して近況を伝えているわけではありませんが、勝手に見ることができます。

メールや電話では、あえて連絡を取ろうと思わないと、連絡は取れません。

ソーシャルサービスでは、特に意識しなくても近況を共有できます。

そう考えると、ソーシャルサービスが普通に普及している下の世代では、人と人の繋がり具合は、だいぶ違うんでしょうね。

昔の友達に連絡が取れないとか、なにやってるかわからないなんてことはなくなるのかもしれません。

うらやましくもあり、久しぶりにあって「今なにしてるの?」って話を聞けなくなるのも寂しいなって思ったり。

別に結論があるわけではないんですけど、若い世代とはだいぶ見えている世界が違うのだろうなと思ったので、書いてみました。


Similar Posts:

  • 中学の友達は何人か付き合いあるんで、いいんだけど大学時代の友人とは連絡先知りたい。
    mixiやFacebookで探してみたけどいなさそう。
    定期的に探さないとダメだよね。

  • gakushi

    一度つながりが切れると、探すの大変なんですよね~。