Windows7を入れてみました

世間は新型MacBookだのiMacだので盛り上がっていましたが、僕はひっそりとメインのVista機をWindows7へアップグレードさせてました。

今回は、Vista32bitからWindows7 64bitへクリーンインストールしました。
実は、OSを入れ替えるのは今回が始めての体験です。
色々とつまずいたので、その辺を中心に書きたいと思います。
(写真を撮る余裕もなくて、今回は文字オンリーです…)

①バックアップをとる。
今回はクリーンインストールなので、音楽ファイルや写真など、主にMyDocumentの中に入っているファイルのバックアップを行ないました。

これだけで100Gbyteくらいあり、バックアップ完了までに2時間ほどかかりました。。。
幸いなことに、容量の大きい動画などは別HDDに保存していたので、これくらいで済んでよかったというべきか。。。
※どうやらアップグレード版の場合、クリーンインストールするとWindows.oldというフォルダに以前のフォルダやファイルが保存されるようですが、念のためにバックアップはとっておいたほうがいいと思います。

②OSをインストールする
ここが最難関でした(^_^;
今回は64bit版のインストールなので、64bit版のインストールディスクを入れてみたのですが、全然動いてくれないんです。。。
そんなの当たり前と言われてしまう可能性が大だとは思いますがw
はい、調べてみて分かりましたがインストールディスクからブートしなければいけないんですね�。
どうやってブートすればいいのか分からず、グーグル先生で調べること1時間ほど。。。
最終的に、パソコン付属のマニュアルに記載がありました。。。orz
ちゃんとマニュアルも読まなきゃだめですね。

③バックアップから復旧。
100Gbyteのファイルをがっつりと戻しました。当然また2時間ほどかかりました。
そしてiTunesやFirefox、Thunderbirdなど必要なソフトを再インストールし、必要な設定をして復旧完了。

【感想】
慣れていないせいもありますが、2日かかりようやく普通に使える環境に戻りました。
正直、64bitにせずに素直に32bitのまま普通にアップグレードしたほうが楽だったんではなかろうかと。
どうせ4~5年後には買い換えるし、その時に64bitしかなければ自動的に64bit機になっていただろうしなぁ、なんて。

– Posted using BlogPress from my iPhone


Similar Posts: