10年前手のひらのインターネットブラウザを追い求めていたアラフォーオヤジから見たiPhone10周年

手のひらにインターネットを求めていた10年前

10年前、アップルコンピュータ(当時)から携帯電話が出るという噂がでていたころ、ボクは狭い上に有料ばかりなガラケーのwebの世界が残念で仕方がなく、jigブラウザと言ったガラケーでフルブラウザが使えるアプリを使い頑張ってwebをサーフィンしていた。

当然のことながら、当時ブイブイ言わせていたBlackBerryやSymbian端末、はたまたSHARPのW-ZERO3といったスマートフォンやPalmやSONYのPDAなどを見て検討しては我慢するという時期を過ごしていた。単純にお金がなかったのと、アップルがスマートフォンを作るという噂をキャッチしていたので我慢していたのですよ。

で、伝説のスティーブ・ジョブズのiPhone発表会。そりゃもう感動したよね。震えたよね。絶対買うと思ったよね。GSMオンリーで日本で使えないことが分かるまでは。マジでガッカリだよ。ショックのあまり思わずPRADA Phone買うところだったよ。(買わなくてよかった)

iPhone 3Gの発売

初日購入組。日本でも発売されるとアナウンスされた翌朝から、当時いた地方で近隣のソフトバンクショップに電話しまくっては「予約は受け付けていません」とつれなく断られまくっては他の店にかけ、ようやく一件だけ、「入荷するか分かりませんけど」という条件で予約を受け付けてくれた。結果的に、ほんの数台だけその店で入荷があり、初日に買えたんだよなぁ。嬉しかったなぁ。

嫁が高熱出していたにもかかわらず、会社休んでショップに行ったなぁ。RSSとかブログとかTwitterとかEvernoteとかはその辺りにやり始めたんだっけかな。iPhoneのおかげで今でも繋がっている友だちもたくさんできたな。

その後は、iPhone6まで2年に一回買い換えるiPhone好きになったのであった。なお、ケースとか付けない派であり、iPhone6を落として画面を割った際に6s plusに買い替えたので、2年に1回の買い替えペースはその時に破れた。

そんなぼくは新しいiPhoneは買うのか

今年はiPhone 10周年。なおかつ、今使っているiPhone 6s plusを買ってから2年。iPhoneを買い換える理由としては十分だ。

正直なところ、10年前にiPhoneに求めていた機能としては、今の6s plusでも十分すぎる機能を持っている。フルブラウザは超快適に動くし、PCメールの閲覧、返信も何の問題もない。ついでにメモ帳やEvernoteの動作も快適そのもので、ぶっちゃけ一切何の不満もない。この10年、スマートフォンに求めることはあまり変わっていないんだよね。新しいiPhoneに買い替えたところで、画面が大きくなってカメラ性能が良くなってCPU性能がよくなって、、、でも自分の用途はきっと何も変わらないだろう。毎年のように買い替えていたPCをもう何年も買い替えていなくても全く不満がないように、iPhoneを買い替えなくてもしばらく不満はないだろう。

それでも、ぼくはきっとiPhone Ⅹを買うだろう。ホームボタンがなくなり、画面の形が変わり、ジェスチャーが変わった。アップルがこれを未来のスマートフォンの姿だというのなら、試してやろう。

心の奥に、きっとこれがワクワクしながら買う最後のiPhoneになるかもしれないな、という思いを秘めながら。

ソーシャルな繋がりって不思議

今日、中学高校の友達と飲んで、mixiとかFacebookとかTwitterとかでフォローしました。

これで、たぶん繋がりがなくなることはないんだろうな、って思いま

住所や電話番号、メールアドレスは変わっても、ソーシャル系のアドレスが変わることって、あまりないはずですよね?

ソーシャルサービスで繋がると、それだけで相手の近況がわかります。

相手は別に自分に対して近況を伝えているわけではありませんが、勝手に見ることができます。

メールや電話では、あえて連絡を取ろうと思わないと、連絡は取れません。

ソーシャルサービスでは、特に意識しなくても近況を共有できます。

そう考えると、ソーシャルサービスが普通に普及している下の世代では、人と人の繋がり具合は、だいぶ違うんでしょうね。

昔の友達に連絡が取れないとか、なにやってるかわからないなんてことはなくなるのかもしれません。

うらやましくもあり、久しぶりにあって「今なにしてるの?」って話を聞けなくなるのも寂しいなって思ったり。

別に結論があるわけではないんですけど、若い世代とはだいぶ見えている世界が違うのだろうなと思ったので、書いてみました。

日刊がくしはじめました。

日刊ごりゅごに倣って日刊がくしをスタートします。

日刊がくし

このブログすらすごいヌルいですが、さらにヌルく、「だいたい言いたいだけ」の精神で更新していきます。

ちなみにこの記事がポストされた段階では、まだ何も表示されていません。

今晩からポストし始めます。

ってここまで下書きに書いてたんですけど、やっぱり我慢できなくなってすでにNo1ポストしちゃいましたYO! ( ゚д゚ )

もしよろしければ、RSSにでも登録して見てみてください。

iTunesでPingを有効にしたら、過去に書いたレビューが全部実名になった(; ・`д・´)

まぁ、Pingを有効にする際に注意書きがされているので他にこんな失敗をする人はいないと思いますけど…
備忘録的にエントリー。

Pingを有効にするときに、”これまでニックネームを使って表示されていたアカウントのアクティビティ(お客様が書かれたレビューなど)で、ニックネームのかわりにここに表示される名前が使われるようになります。”って注意書きがあります。

とくに気にしていなかったし、Pingのアカウント情報の名前って、支払先情報の名前と紐づいているから匿名もどうかと思ってそのままにしていたんですけど、これって過去に書いたレビューも全部プロフィールに記載の名前に差し替わってしまうんですね。

いやー、焦りました(;^ω^)

特に変なレビューは書いていないはずだから、いいと言えばいいんですけど。。。
あまり実名をネット上に晒したくないのでね。

一応Pingをオフにして、過去のレビューは全て削除しました。
メッセージによると、24時間以内に消去されるとのこと。

実名を出すのがNGな人はお気をつけください。

やれやれ:(;゙゚’ω゚’):

ちょっとセンチメンタル

情報収集の行く先。 « One More Timeを読んで。

RSSでこの世に流れている情報を全て得たい。
ゲームもやりたい。
家族との時間も持ちたい。
物思いに耽る時間も持ちたい。
本も読みたい。
漫画も読みたい。
極限までスピードを上げても、全てを消化するのは不可能。
必ず何かを諦めなければいけない。
なら、取捨選択はどうすればいいんだろう。

というような考えた、午後の喫煙タイム。
答えはまだない。